汚染物がやっと運ばれる

福島の汚染物が、震災4年後にしてやっと運ばれるみたいですね。

ただ運ばれる先も近くの村や町のようで、色々と問題は山積みのようです。

まずは住民たちの理解が求められるか?という問題。

だって普通に考えると、誰も汚染物を自分の街に受け入れたいとは思いませんよね?

そして二つ目の問題として挙げられるのが「どれだけ汚染物が危険かという認識」についてです。

どういうわけか、日本の政府は放射能関係の情報をひた隠す傾向があるようです。

でも原爆を投下された日本が唯一放射能の恐怖を知っている国だと思います。

しかし福島の原発事故以来、そうした放射能に関する情報はほぼ国民に知らされていません。

こうやって掘り下げると、原発や汚染物に関する問題は本当にきりがない程出てくると思います。

でも私一人が何かできるわけでもないし‥。

こうやってブログで自分の勝手な思いを書く事しか、所詮私にはできません。

自分の無力さが嫌いですが、こればかりはどうしようもないのかな?