トップ

手にできたシミ治療

老けてみえる手の原因とは

老けて見える手とは?

アンチエイジングと言えば顔や首すじと思いがちですが、実はもっと如実に「老化」を表す部分があります。それは「手」。特に女性は普段の家事や仕事、育児で水を使う機会も多く、気が付けば若い頃の張りが失われている、ということもよくあります。このサイトではそんな「手の老化」に悩む女性に向けて、簡単にできる対処法や、しっかりと効果のある手のシミ対策をご紹介していきます。シミの治療をお考えならこちらをぜひ参考にしてください。

毎日、鏡を見ながら丁寧にしているフェイシャルケア。そのおかげもあって、目元のシワやちょっとしたシミは目立つほどにはならずに済んでいるけれどふと顔をケアする「手」を見てびっくり!顔に比べて手が驚くほど「おばあちゃん」だった!というのは多くの女性が経験することだったりします。

実際に、とってもきれいな女優さんやモデルさんでも、手だけを見るとかなり生活感や年齢が出ている人も多くいます。手と言うのはどうしたって生活に必要な部位であるので、ケアをしていても十分にケアしきれる場合ばっかりではないですね。しかしだからと言って、全くケアをしていなければ、年齢以上に老けて見える手になることも。

手は年齢を重ねると皮膚の水分保持能力が下がって張りが失われやすくなったり、皮下脂肪の減少でしわや血管が目立つようになります。またトイレの後や食事の前など「水を使う」ことが多いので、日焼け止めを塗っても実際には日焼け止めに保護されていない時間が想像以上に長いのです。こうなると日焼け止めも「塗ったつもり」になっているだけなので、紫外線を防げておらず、シミもできやすい状態に。

張りの失われた皮膚に、痩せて血管の浮きシミができている手の甲となると、これは老い以外の何物でもありません。さらに手は「腕」も夏場は露出が多いので、腕にもシミができることは多いですね。

水の使用や紫外線のダメージなど、顔よりも明らかに外的影響を受けることの多い手は、実は顔以上にケアが必要な部位です。正しいケアと適切な対策で、いつまでも美しく年齢を感じさせない手を守っていってくださいね。